3時止まりの時計塔

異空間化した時計塔を舞台にした

風景絵(+時々アクション)メインのダンジョン探索系イラスト群

更新順≠時系列

反応がある限り更新し、やる気がなくなれば未完でも終了します。

時計塔

53年前から時間が止まってしまった

砂漠にある時計塔。

塔の周りはずっと夕暮れのまま。

その昔、魔法使いが住んでいたとされる。

中は異空間と化しており、

部屋同士の繋がりが常に変化していて

一度入ると出口を探すのが困難。

塔の主

男性/年齢不詳/179cm

その昔、廃墟だった塔に住み着いた黒魔法使い。

塔の中を自分の庭として異空間化させ、

機械人形や機械蟲たちを造った。

理由は「暇だったから」

変わったものが好きで、極度の気紛れ。

面白いかどうかが全ての行動基準。

自分の造った機械に殺されてしまった。

赤錆

中性/22歳/171cm

夕方に頭痛が起きやすい体質で、

時計を壊しに時計塔にやってきた。

暴力的で無計画。

動くものはとりあえず撃ってから考える。

火力が高いが語彙力が低い。

武器は魔力弾銃を二丁とナイフ。

完全に道に迷っているが

歩いていればなんとかなると思ってる。

???

男性/29歳/183cm

赤錆よりも前から塔の中を探索している男。

塔の6階を拠点にしている。

性格は冷淡。

出来るだけ最善手を選ぶ主義

主に剣を使って戦う。

塔の機械達とは仲が悪い。

蟲飼い/塔の主(代理)

男性型/容姿27歳/179cm

塔の主が自分の代理として造った

機械人形だが未完成のまま。

頭のネジを探して人形を解体したり。

機械蟲をペットにしたりしている。

塔の中を自由に移動出来る。

機械蟲のむーちゃんとくーちゃん

むーちゃんは百足型の健気な男の子

くーちゃんは臆病な蜘蛛型の女の子

長く朽ちていた時計塔に、

変わり者な魔法使いの男が住み着いた。

男はまず自分の部屋を造り、

そうすると次から次と凝りたくなってくる。

脆くて割れやすい幻なのだが、

現実も大差ないのだから同じようなものだ。

機械人形たちの住む時計塔は、

53年前から3時で止まってしまった。

それからというもの、

時計塔の周りはずっと夕暮れ手前で止まっている。

ある旅人は夕日を見てると頭痛を起こすので、

時計を直すか壊すかするべく

時計塔にやって来たのだが。

旅人が入口の扉を開くと、

鐘の音が時計塔の中を鳴り渡る。

一つの歯車がガタンと動くと隣々に伝わって、

やがて上から不協和音が降ってきた。

その砂時計は砂が詰まって長らく落ちなかったが、旅人によってやっと砂が流れ落ちた。

ただし戻ることもないけれど。

ガラクタ置き場のような場所に、

寄せ集めで作られたオブジェがあった。

けれどよく見てみれば、

虫が居着いているのだから巣かもしれない。

大抵こういうのは厄介なので

手を出さないようにしようと、

旅人は撃った後に思った。

時計塔の中は不可思議で、

真っ直ぐ進んでいるはずなのに、

同じ場所に出てきてしまう。

振り子時計は動いていても、

針は動かず3時のまま。

仕留め損なったガラクタ虫が逃げて行くのを追いかけて、

花畑に迷い込んでしまった。

花の香りで目眩がすると、

入口がどこだかわからなくなっていく。

夢が混ざりながらも花時計まで来たところ、

虫の飼い主と思しき人影がいた。

時計塔に住む男は、

その昔「頭のネジが外れてる」と言われてから、

足りてない頭のネジを探し続けている。

それでよく機械人形を解体してはネジを探しているが

一向に見つからないし、

どんな形をしてるのかもわからない。

 

もしかしたら塔に来るお客が持っているかもしれないから、

中を開けて見たいのだ。

お茶会の仕方が分からないがお茶会をしようと、男は言う。

花の香りを振り払い、旅人は銃弾で断った。

時計針の部屋で男が手招きをすると、

針の下に棲んでいた機械の虫たちが起きてきた。

撃ったところで傷つかないが、

あいにく飼い主のほうは違ったらしい。

針から落ちた蟲飼いの男は、

地下水路で目を覚ました。

腕やら脚やら壊れてしまったが、

そのうち直せばいいだろう。

動力室への道を探して廃棄通路の奥に行きたいのだが、

蟲が多くて行けずにいる。

便宜上6階と呼んでいる場所は、その男の拠点である。

永く塔にいるが、

機械とは甚だ仲が悪いので見回りは欠かせない。

迷路の奥に廃棄された部屋があるのだが、

一人で行くには心許ないので同行者を探していた、

と男は言った。

赤髪の旅人は協力する気など一切無いのだが、

何度撃っても仕留められないことに納得いかないので、

勝てるまで後ろを狙うことにした。

3時で止まっているせいか、

ここの鳥は全く鳴き止まず、巣箱に帰りもしない。

3時で止まった時計塔の最上階の奥には、

記録回廊がある。

この塔に住み着いた最初の旅人が、

ここに記憶を閉じ込めて火を付けた。

そして燃え尽きることはなく、断片だけが残っている。

茨で閉ざされた道の奥には墓所があり、

そこには時間も埋葬されているという。

歯車が動くとオルゴールが鳴り出して、

機械人形が踊り出した。

撃っても撃っても切りが無くて

むしゃくしゃしたので、

拾ったバールのようなもので殴ったところ

思いのほかよく壊れた。

塔の中央には小さな懐中時計があったが、

時計は止まっていた。

いつからあったのか分からないが、

文字盤には53年前の日付があった。

壊すか直すかといったら、壊す一択だった。

(C) 2005-2017 OyasumiSumika.

http://317.zashiki.com/